カーテン妄想。

新居に引っ越してきて、はや数日。

今日はカーテンについて書いてみたいと思う。

妄想炸裂!!

カーテン選びとインテリア

インテリアを考える上で、カーテンって大事だ。

わりと大きな面積の壁(窓)を布が覆うわけなので、カーテンひとつでお部屋の印象がガラリと変わる。

今回、越してきた家(賃貸)には4つの窓がある。

どれも変則的な大きさで、特に1階のリビングの窓と2階の仕事スペースの窓は外の雑木林の景色がよく見えるように高い背の窓が設けられている。(すてき!)

その分、これまで家で使っていたカーテンが足りず、今のところワカメちゃんみたいな感じになっている(^^;)えへ

はやく取り替えたいぞ~。

▽一階のリビングの窓

▽2階の仕事スペースの窓

▽キッチンの窓

キッチンの窓のカーテンも前の家からのもので、ブラウンのチェックで悪くはないのだけど、ちょっと長すぎる。

…というわけで、すべての窓のカーテンを窓に合わせて設置していきたいと思う!

「カーテン妄想」プロジェクト発足

まだ妄想段階なので、「カーテン妄想」プロジェクトと名付けた。

たのし~(*´ω`*)笑

カーテンといっても、

・レースカーテン

・ドレープカーテン

・ブラインド

・ロールスクリーン

などなど、いろいろなパターンがある。

今回、まず仕事スペースに関してはすっきりさせて、余計なデザインが目に入ってこないようにブラインドかロールスクリーンにしようと思っている。

しかし、残念ながらブラインドは賃貸の窓のカーテンレールでは取り付け不可。

そのためロールスクリーンにすることに!!

実物が見たかったので、ニトリへ。めちゃくちゃお安い値段でロールスクリーンが取り付けられることがわかったので、ほぼ確定。楽しみ(*´ω`*)

そして1階リビングのカーテン。こちらのテーマは、「ウエディングドレス」❤。

繊細な刺繍の入ったレースカーテンをまずはつけようと思っていて、ネットで比較し、現在サンプルの布が届くのを待っている状態❤

寝室のカーテンは、瞑想やヒーリング、リーディングを思う存分できるように神秘的なスピスピした感じのカーテン(どんな!?笑)にしようと思って検索中。

そしてキッチンの窓。

これがねー。ちょっと手作りしようかと思っている!!

きゃーー!

「裁縫得意なんですね」って??

苦手です!!!(ドヤァ)

でもさ、でもさ、下手でもいいんです、やるんです。

実は、10年以上前から、憧れているカーテンがある。

ちはるさんの「家」という本に掲載されているのだけれども(中身を載せられないのが残念)

布小物作家の大島さちこさんにオーダーしたというカーテン。

カラフルな色の布を縫い付けてボーダー模様にして、ガーゼ生地を裏に足してあり、ヨーヨーキルトとも重ねていてとにかくとにかくかわいいの!!!(*´Д`)はぁああ

今本を見ると2004年発行と書いてあるから、かれこれもう16年も前の本。

それなのに未だに私の脳裏に鮮明に焼き付いて離れない、憧れのカーテンなのだ。

こんな感じのカーテンを作ってみたい。でも、素人には無理だろうな…

そう思っていたのだけど、昨日、激しくインスピレーションを得られる本に出逢えた。

エリーサベット・デュンケルさんの「FINE LITTLE DAY」というアイデアとインテリアの本。

彼女の暮らしには手作りが溢れていて、ルールがなくて、ジグザグ縫いの、愛おしいカーテンやパッチワークや掛け布団が家中をカラフルに彩っていて、すごくすごく素敵だった。(これまた載せられなくて残念)

そうだよ、これでいいんだよ。

これが、いいんだよ。

もっと自由になってみよう。

そう思えたし、彼女の暮らしぶりからたくさんのインスピレーションがもらえた。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Meet Benny the Bear, Gus the Horse and Kicki the Fox. Sit-soft cushions and cuddle pillows👋🏼 #finelittleday #news #kidsroom #barnrumsdetaljer #organic

Fine Little Day(@finelittleday)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fine Little Day(@finelittleday)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fine Little Day(@finelittleday)がシェアした投稿 -

思い起こせば、私が好きな女性のひとりである早川ユミさんの作る洋服も、

小さな布のかけらを絵の具にして、つぎはぎで刺繍糸でちくちくした味わいのあるものばかり。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yumi Hayakawa早川ユミ(@yumi_hayakawa24)がシェアした投稿 -

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yumi Hayakawa早川ユミ(@yumi_hayakawa24)がシェアした投稿 -

共通項を見つけると、自分がどんなものが好きなのかよくわかる。

そして好きなものがわかると、とってもしあわせな気持ちになる。

そしてその好きなものを自分の手で作り出してあげると、もっともっとしあわせになる。

私はそれがしたくてたまらない。

…そんなわけで、ちくちくザクザク縫いのカーテンと、ヨーヨーキルトでにぎやかなキッチンカーテンを、作ってみようと思う。(これまたプロジェクト化して少しずつ、だな。)

ふぁーーーー!

楽しみだ❤

 

 

 

 

最後にお知らせ

当ブログ管理人知恵の提供する個人セッションです。

人は、一切の否定なく「とことん話を聴いてもらう」だけで、心が軽くなります。
心理カウンセラー・セラピストの私があなたに寄り添い、お話を聴かせていただきます。

そしてその時・その人にあった心理療法を用いながら、あなたを縛っている苦しみ・呪縛を一緒に見つめます。

 

個人セッションの詳細はこちら

自分を知って、日々を楽しくクリエイトしませんか?

  • この記事を書いた人

心理セラピスト知恵

魔女に憧れる心理カウンセラー/WEBディレクター。暮らし×心理学で人生を楽しくクリエイティブする術を発信中。ライフコンセプト:「グラデーションで感じ合いたい」
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

-エッセイ

Copyright© 暮らしのおと , 2021 All Rights Reserved.