魔女的物件の探し方。理想的な暮らしを求めて引っ越しました。

前回の記事のとおり、鹿児島への移住計画が頓挫した私たちだけれども、

予定通り移住予定地だった霧島市の観光は決行した。

やっぱり私が移住地に求める妄想をほぼ満たしていて、ほんとうに素敵な土地だった。

何より波長が良い。心地が良い。そして温泉が最強。湯量も泉質も種類も豊富で本当に贅沢な土地だ。

こんな形にはなったけれど、いつかはこの土地に住みたいな~という想いを強くしたのだった。

そして関東に帰ってきてから私たちが着手したのは、鹿児島以外での新居探しだった。

住まいはけっこう気に入っていたのだけれども、なんとなく、もうここではないような気がしていた。

なので、「暇ができたら物件を検索する」日々が続いた。

しかし、範囲は熱海や伊豆まで広げたものの、なかなかピンと来る物件はなかった。

ある時、伊藤マナさんから学んだ「シータヒーリング」の手法を使って、久々に夫と相互ヒーリング&リーディングをしていた。

そして夫が「どんなところに住めばいいか、ヒントが欲しいからリーディングしてほしい」と言う。

私はこれまでリーディングを講座で学んだり、本を読んだりして自己流で身につけてきたのだけれども、これは本来生き物すべてが持っている究極のスキルだと思っている。

何も特別なものでも怪しいものでもなくて、例えると「直感が冴えている」状態に近くて、なんか降りてくる感覚。

音と絵の中間のメッセージを受け取るような感じ。私にとってはそんな感じだ。

それで、どんなところに住めばいいか、という夫の問いをリーディングしてみると

夫がニコニコしながら家から出て数歩のところで畑仕事をしているビジョンが見えてきた。

それは庭がある一軒家なのか、それとも広めのテラスがあるマンションなのか、そこまではハッキリしなかったけれど、とにかく土が近くにある感じだったので、夫にそう伝えた。

夫は、「なるほど…。」と言って、その夜私が寝た後また検索したようだった。

確か「畑付き」といったキーワードで検索したらしい。

そしたらば。

まさかの首都圏で、畑付きで雑木林が見えるように設計して立てたテラスハウスが見つかり、しかもすごく人気で完成と同時にすぐ埋まってしまっていたところに、1室空きが出ている状況だとわかった。

翌朝すぐに問い合わせをし、すぐに折り返し連絡が来て、3日後には見学に行くことになった。

実はその土地は、私が上京してきて初めて住んだ場所。愛着もとてもある。

良い具合に自然が残っていて、首都圏なのに湧水で有名。夫の大好きなメダカもたくさん泳いでいる。

物件に向かう途中でその川を渡ると子どもたちが川でわいわい遊んでいてビックリした。

自分の子供の頃の光景が、こんなふうに残っているなんて良いなあ、と思った。

そして物件に到着。サイトで見ていたとおりとても素敵だった。

家の前は、規模は小さいもののまさに「雑木林」で、その木々を望むようにして家が立てられている。

私は数年前から毎年毎年、手帳にライフビジョンとして「窓から木しか見えない家に住む!」と書いてきた。

まさに、この家はリビングと書斎の窓から、木々しか見えなかった。(´;ω;`)うぅ。感動的。

また、私の理想である無垢の床!!!温かな風合いの、ヤマグリの無垢の床にときめきまくり!!

きゅ~~~~ん!(*´Д`)はぁあああ。(←壊れ気味)

そして、家から数歩で共有の畑。

これまた手帳に「庭から薬味を摘んで料理をする」と書いてきたけれど、薬味どころか野菜も収穫できそうだ。

残念なことにというべきかラッキーと言うべきか、畑はフルに活用されておらず、夫が「ここに住んだら僕が畑リーダーになる!」と密かに張り切っていた。

大家さんは地域のために尽力している地主さん。

この家も、居住者で協力しながら暮らしを作っていくーそんな価値観に共感してくれる人に住んでほしい、ということで、管理会社に任せきりではなく、大家さん自身との面接(?)なるものも事前にあった。

このテラスハウスは、ある意味コミュニティなのだ。

時代は本当に「価値観への共感で繋がっていく」流れになっているのだな、と思う。

そんな物件に住めるのも、なんだか楽しそうだし、ワクワクする。

そんなわけで、その日のうちに申し込みを決意!!

夫も退職したばかりで、ふたりともフリーランスになったという何とも心もとない状況で、審査が通るか内心ビビっていた。

しかも家賃は1.3倍になるという無謀さだったけれど、なんとか審査も通過して、引っ越すことになったのだった。

…というわけでバタバタしながらあっという間に新居に越してきてはや数日。

これから、需要があるのかサッパリわからないのだけど、この家のインテリアをどんなふうに整えていくのか、どんな暮らしをしていくのか、リアルタイムで発信していきたいと思います。

好きなことをとことんやってみるのだ!!

最近は私の中から創作意欲がどんどこどんどこ湧き出ていて、

・絵

・書道

・陶芸

をガッツリスタートさせようと思っています。

理想としては、自分で書いた絵と書を部屋に飾り、自分で作った野菜と器でごはんを作って食べようと思っています(*^^*)

そしてたまに心のことをば、書いてみたりなんだり。

ラジバンダリー!!(懐かしすぎる。)

楽しんで発信していけたらいいなー!

 

 

最後にお知らせ

当ブログ管理人知恵の提供する個人セッションです。

人は、一切の否定なく「とことん話を聴いてもらう」だけで、心が軽くなります。
心理カウンセラー・セラピストの私があなたに寄り添い、お話を聴かせていただきます。

そしてその時・その人にあった心理療法を用いながら、あなたを縛っている苦しみ・呪縛を一緒に見つめます。

 

個人セッションの詳細はこちら

自分を知って、日々を楽しくクリエイトしませんか?

  • この記事を書いた人

心理セラピスト知恵

魔女に憧れる心理カウンセラー/WEBディレクター。暮らし×心理学で人生を楽しくクリエイティブする術を発信中。ライフコンセプト:「グラデーションで感じ合いたい」
詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。

-エッセイ
-

Copyright© 暮らしのおと , 2021 All Rights Reserved.